顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 【事実は僅差、結果は大差】~商品、サービスに差がないのに、なぜ結果が違うのか?~
2020年02月9日

【事実は僅差、結果は大差】~商品、サービスに差がないのに、なぜ結果が違うのか?~

現在では「規模」より「価値」を大切にすることが大切です。

そんなことも知らずに、
やれ、売り上げ規模だとか、
やれ、店舗数などと言っている日本人のなんと多いことか。

2020年2月7日(金)
佐治邦彦さんとボクとのコラボセミナー!
佐治さんのパート!

「高収益を長期継続するミッション型経営」

佐治さんはとにかく、ミッションや理念に基づいて
シンプルに経営していこうと語ります。

そうなんです!
佐治さんはこの本の著書!


年商1億社長のためのシンプル経営の極意

そして、シンプル経営の極意を語ってくれます。

<激変の時代に知っておくべき時代の3大潮流>

1 消費者ニーズの多様化

「何をするか」より「何のためにするか」が大切です。
この問いに答えることができたら、
何を売るか、逆に売らないかが明確になる。

2 人口減少

「規模拡大」より「価値追及」が重要な時代です。
そもそも、ちょっと日本人の感覚がおかしいと言われます。
やたらと会社の規模を重要視します。

「何億円売っている」と
「何店舗やっている」ということが自慢になる。

しかし、これは現代の日本、あるいはアメリカでは当然のように昔から「意味がない」とされています。
「それより、あなたは何のためにお仕事しているんですか?」
と、価値の追求をすることが大切です。

「何のために」がしっかりすると
「売上の追求」と「価値の追求」が、真逆の活動になることがあるとわかります。

3 超情報化社会

スマホでちょっと検索すると、
競合他社が10社20社出てくる。

価値の伝達が重要な時代になります。
価値が伝わらなければないのと同じですから。

そして、この言葉を教えてくださいました!

<事実は僅差、結果は大差>

商品、サービスが他社と劇的に違う!
・・・ということがあまりない時代です。

商品、サービスの差は「僅差」だといえます。
しかし、なぜ、結果が「大差」になるのでしょうか?

それは「価値を伝えているかどうか」の差。

安く売っているところが苦しみ、
価値を伝えることに力を入れているところが勝ってます。

例えば、ライザップ!

一般的なフィットネスの10倍以上の価格です。
高くなっている理由に、その50%を宣伝広告費に使っているかと言うことになります。

同業種的には「なんだ、その価格設定?!広告宣伝費に使う前にお客様に還元しろよ」と文句がでるところ。
しかし、お客さんの満足度は高い。
同業種にはその理由が分からない。

お客様からすれば、原価は関係ないのです。
原価は経営者の都合だから、お客様は関係ない。

それよりも
「結果にコミット」という価値がお客様に伝わっている。
そのことによって、選ばれているのです。

まだまだ続きがあるのですが、
また後日!

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

7 + 20 =

ページの上部へ