顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > 徳島経営研究会 > 【withコロナ 自社の強みを活かし、ビジネスモデルを変革せよ】~徳島経営研究会 zoom委員会 斉藤直人さん講話~
2020年06月5日

【withコロナ 自社の強みを活かし、ビジネスモデルを変革せよ】~徳島経営研究会 zoom委員会 斉藤直人さん講話~

「勝つか負けるかじゃない。生きるか死ぬかだ」

そう語ったのは
トヨタの豊田章男社長。
2017年のコメントです。

大企業トヨタでも、このように危機感を抱いているのに
我々、中小企業が「何とかなるだろう」なんて思っていてはいけませんね。

2020年6月5日(木)
日創研 徳島経営研究会 戦略委員会が開催されました!

「withコロナ 自社の強みを活かし、ビジネスモデルを変革せよ」

講師は岡山経営研究会 ネクステージの斉藤直人さん!
zoomにてのオンライン委員会でした!

<前提価値が崩れている>

斉藤さんは言われます。

「コロナ禍において、今までの市場分析が全く通用しない」

お客様の心理が全く変わってしまいました。

例えば、
旅行業界で「外国人インバウンド向けにこの戦略」を考えたとします。

しかし、お客様は
「旅行に来ない」のです。

全く、前提価値が崩れてしまっています。

「みんなでワイワイと、居酒屋に行こう」
なんて前提価値が崩れています。

このような変化が、コロナで強制的に起こっているのです。

<かつての前提価値から脱却せよ>

生き抜くためにも
「強み」の見直しを行う必要があるのですが、
この「強み」をどうやって見直すのか?

その視点は「顧客目線」

自社目線の強みを考えるのではない。
あくまでもお客さんの目線で考えることが重要です。

お客様は、今までのお客様ではないのです。
コロナで価値観の変わってしまった
「お客様にとっての強み」を考える必要があるのです。

飲食でも、過去は「エコ」を望んでいましたが、今は「衛生」を強く望みます。

飲食店でも
beforeコロナでは、エコ箸を推奨していたのに、
withコロナでは、使い捨て割り箸を推奨する。

beforeコロナでは、マグカップを推奨していたのに
withコロナでは、使い捨て紙コップを推奨しています。

<パケマツ原田有理さんも参加>

質疑応答が多く行われた委員会ですが、
パケマツ原田さん発表してくれました。

Q
「自社の強み」という観点でなく、「個人の強み」「社員の強み」で考えていました。

A
そのことは大切です。
自社の強みの前に、自分の強みが大切ですからね。

その
「自分の強み」が「お客様にとっての強み」になっているのか?
またあくまで
「会社目線の強み」ではなく「お客様目線の強み」になっているのか?
考えないといけませんね。

<茹でガエルになるな>

冒頭に
「勝つか負けるかじゃない。生きるか死ぬかだ」

という、トヨタの豊田章男社長の言葉もありましたが、
コロナ禍で、強制的な「ビジネスモデルの変化」が求められています。

これをチャンスと捉え、変化できるのか?

それとも、茹でガエルのようにのぼせてなくなってしまうのか?

危機感は「危険」(ピンチ)と「機会」(チャンス)のセットでやってきます。

機会をとらえて、変化しないといけないと感じました。

<締めの言葉>

最後に、斉藤さんはこのように締めくくって頂きました。

「afterコロナで会いましょう。
そして、“大変だったね、あの“頃な”ぁ~”と語り合いましょう」

お後がよろしいようで(笑)
斉藤さん、ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

カテゴリー | 徳島経営研究会

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − 5 =

ページの上部へ