顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > セミナー予定・報告 > SNSの目的5か条 集客や売上アップじゃなく お友達になるのが目的
2021年12月24日

SNSの目的5か条 集客や売上アップじゃなく お友達になるのが目的

あなたがSNSをする
目的って何ですか?

集客のため?
収益のため?
売上のため?

いえいえ、それでは
お客様は付かないですよ。

 

 

おはようございます。

パッケージを変えただけで
売上10倍!単価5倍!

“売れない”を
“売れる”へ変える

パッケージマーケッターの
松浦陽司です!

本日のお話は

SNSの目的5か条
集客や売上アップじゃなく
お友達になるのが目的

で、行ってみよーーー!

 

 

 


2021年11月29日に

フルーツガーデンやまがたの
山形文吾さんとコラボ講演!

SNSを活用した
セルフブランディング
~活用事業者から学ぶ~

に登壇させて頂きました。

 

 

その時にボクから
参加してくれた方に
質問したんです。

「何のためにSNSするんですか?」

改めて聞かれると
きちんと考えたこと
ないことないですか?

 

 

会場から出た答えが

「売り上げアップのため」
「集客のため」

というような声が
聞こえてきました。

 

 


うーーーん。
でも、それじゃ

売り込み臭が
プンプンして
ダメなんですよね。

考えてみてくださいね。
毎日、売込のSNSがあったら??

 

 

月曜日は
ビール20%オフです!

火曜日は
焼き鳥1本サービスです!

水曜日は
ウェルカムドリンク1杯無料です!

木曜日は
・・・・

 

 

こんな風な投稿ばっかりの
SNSって見る気しますか??

速攻で登録解除しますよね(笑)

主語が自分、自分、
オレ、オレ、
私が、私が、では
お客様は読者になってくれません。

 

 

じゃあ、どういう目的?

ボクがお話した
SNSの目的は

「お客様と友達になる」

ってことでした。

 

 

そのための
5か条がこちら!

1.つながる

お客様と常時つながっている

 

2.いい情報を発信する

ブログやYouTubeを通して
パッケージのプロとしての
情報をお届けする

 

3.発信力がついてくる

徐々に発信力が付いてくる

 

4.いいお客様に選んでもらえる

ちゃんとした情報を発信していると
いいお客様から
選んで貰えるんです。

きつい言い方をすると
「ザコ客」が
寄ってこなくなります。

 

5.楽しくなってくる

そして、だんだんと
楽しくなってくるのです。

 

 

ボクはこんな目的で
SNSを活用しています。

 

あなたはどんな目的で
SNS情報発信されますか?

 

 

本日のお話は

SNSの目的5か条
集客や売上アップじゃなく
お友達になるのが目的

でございました。

あなたの今日一日が
目的や使命感あふれる
一日でありますように。

 

 

パッケージ松浦では
「売れるパッケージ」を
お客様と共に開発しております。

パケマツの採用事例を
ぜひ、ご覧くださいませ(^^♪

https://www.p-matsuura.co.jp/

カテゴリー | セミナー予定・報告

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × one =

ページの上部へ