顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【レジ袋を有料化するとお客様は減るのか?】~パケマツ的2つの見解~
2020年02月18日

【レジ袋を有料化するとお客様は減るのか?】~パケマツ的2つの見解~

レジ袋を有料化すると、お客様は離れるのかどうか?

何度か、取り上げている
2020年7月1日からの「レジ袋有料化」問題!

本日は「顧客離れ」について考えてみましょう。

ちなみに、レジ袋有料化するか、どうかについて
世間は、3つの対応に分かれてきました。

1)レジ袋は現状のまま、有料化する
2)バイオマスを配合して、無料配布する
3)バイオマスを配合して、有料配布する

各お店の目的が大切ですね!
レジ袋有料化の本来の目的は「プラスチック削減」ですが、
各店の「なんのために」を考えてみると面白いですよ。

1)レジ袋は現状のまま、有料化する

多くの店舗はこれ!
これは素直に「お国が言うんだから、有料にしよう」ってこと。
また、「今までタダで配っていたレジ袋を販売して、利益を稼げるなんてラッキー」という考えもあります。
いずれにせよ、本来の「プラスチック削減」にはつながりますね。

この方策をとるのであれば、しっかりと事前から店頭告知しておくといいですよ。

2)バイオマスを配合して、無料配布する

バイオマスと言われる、植物性由来の原材料を25%以上混ぜると
「環境に配慮している」ということで、無料で配ってもOKなんです。

これを実施するのが、多くのドラッグストアやディスカウントストアです。
「顧客離れ防止」という側面もあるのですが、
実はちょっと別の狙いもあるようです。

それが「万引きが増えるから」ということ。

そうなんです。
マイバッグなどでは、買い物前なのか後なのかもわかりにくい。

このサイトによると、
ドラッグストアの万引き率は0.31%で
1店舗当たり年間82万4000円になるんだとか。
これが更に増えると、確かに経営者はたまったもんじゃない(汗)

「プラ削減の動きに反してるじゃないか」と厳しい方はおっしゃいますが
このような万引き増加に対する、経営の厳しさもあります。
致し方ないところがあります。

3)バイオマスを配合して、有料配布する

これは既にイオンなどがやっております。
「無料で配布できるのに、なぜ有料で?」という声もあることでしょう。

実は「プラ削減」の大目的には、これが一番合っているのです。

バイオマスを配合して環境にやさしく、
さらに有料化して、プラ削減に。

大手が率先してこのようにすることで、
やがて、2)のような会社も減ってくるかも知れません。

以上、レジ袋有料化に伴う、大きな3つの対応でした。

さて、冒頭の「レジ袋を有料化すると、お客様は離れるのかどうか?」という問題ですが、
松浦的見解を申し上げます。

・通常小売店は変わらない。
ほとんどすべてのお店が有料化になるので。

・スーパーがドラッグストアにちょっと取られるかも。
同じものが買える場合が多いスーパーとドラッグストア。
「レジ袋が無料だから」と、ちょっとドラッグストアに流れることが予想されます。

まあ、開始前の松浦の予想なんで、あくまで参考に。
これからも検証を続けていきます。

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty + 3 =

ページの上部へ