顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上10倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【人生に遊び心を。商品開発にも遊び心を。】~味覇拉麺トラックラーメンボックスパッケージ~
2020年11月26日

【人生に遊び心を。商品開発にも遊び心を。】~味覇拉麺トラックラーメンボックスパッケージ~

「人生を遊び尽くせ」

そう言われるのは
ホリエモン!
・・・こと、堀江貴文さん。


「僕にとってビジネスは遊びと同じ」

とも語られています。

「ホリエモンだから
そう言えるんだよ」

って嘆くのは簡単なんですが
やっぱり

仕事=楽しい=遊び

と連動するのが一番です!

「人生に遊び心を」

このゾーンを目指したいですね!

そして

「商品開発にも遊び心を」

こめて行うことが大事です。

 

あなたは廣記商行さんの
「味覇」(ウェイパァー)
という調味料をご存じですか?

「およそ人類が食するものは、
ほとんど例外なく
美味しい中華料理に仕上げる」

そのように言われ
長年、愛されています。

その廣記商行さん監修の元、
岡本製麺さんと共同開発し、
販売しているのが
「味覇拉麺」(ウェイパァーラーメン)

こちらのラーメンを
3袋詰め合わせて、
お土産物のパッケージを
作ろうという話になりました。

さーーー、

ここで「遊び心」の発動です。

「面白そうなお土産ができないか?」
「楽しいパッケージはなにか?」

そして出来上がったパッケージがこちら!

味覇拉麺トラックBOX
パッケージが誕生!

なぜ、パッケージを
トラックの形状にしたのか?

それは関西地区では
こんなトラックが
走り回っているからです。


「味覇トラック」

Twitter内では
「見つけたらラッキー」といわれ、

「幸運のトラック」
呼ぶ人もいるそうです。

「パッケージが
味覇トラックだったら
面白いんじゃない?」

この遊び心が実現されました!

しかも、ここで終わりじゃない。

このトラック、
トランスフォーメーションします!

どういう事かと言うと、こちら!

うわーーー!
よりリアルなトラックに大変身!

パッケージに罫線や折り目、
ミシン目がついており、
うまく組み立てると
このように変形するのです。

これはめちゃ遊び心ありますよね!

でもね、、、
まだまだこれで終わりじゃない。

遊び心は止まらない。

パッケージの中に
こんなもの入れちゃいました!

このようなシートを入れまして。。。

組み立てると、おおっつ!
ミニ味覇トラックに変形!

かっ、かっ、かわいい。

親子カメみたいになります。

SNSでも話題になりそうでしょ。
実際に親子で楽しめそうです!

こちらの商品
関西方面のサービスエリアなどを
中心に販売されております。

ぜひ、手に入れることがあれば、
お手に取って、
お子様とお楽しみくださいね(^^♪

人生に遊び心を
商品開発にも遊び心を

というお話でした。

あなたに
お楽しみ頂けたなら嬉しいです。

岡本製麺株式会社

http://www.okamotoseimen.co.jp/

〒779-0117 徳島県板野郡板野町中久保字当部46
TEL. 088-672-1117 (代) FAX. 088-672-4567

パケTube解説はこちら!

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」と「売上がグングン伸びるパッケージ戦略」を出版。パッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行い、多数の成果をあげている。中身商品は同じでも、パッケージを変えただけで売上10倍になったり、単価が5倍になったりする事例を生み出している。その他、執筆活動、講演活動なども行う。ブランド・マネージャー認定協会2級&1級&ミドルトレーナー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 1 =

ページの上部へ