顧客の心に響くマーケティング パッケージ松浦

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

パッケージのこと、お気軽にご相談ください! tel 088-645-1000

株式会社パッケージ松浦
徳島県徳島市丈六町山端10-1
ご相談・お問い合わせ

パッケージマーケッター松浦陽司のアカウント

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージを変えただけで売上8倍!単価5倍!
“売れない”を“売れる”へ
BLOG

HOME > BLOG > パッケージマーケティング > 【価値を届ける3ステップ】~あなたの商品には価値がある~
2021年03月1日

【価値を届ける3ステップ】~あなたの商品には価値がある~

昨日付けで
大阪など6府県で「緊急事態」が
先行して解除されましたね。

「意味があるのか?」
と言われながらも
みなさんが自粛を
がんばったおかげですね。

おめでとうございます!

これに対して
「ついき、解除」
「リアルイベントを企画しよう」

・・・という人もあれば
「まだ、早い、けしからん」
「GoToトラベル再開なんてやるべきでない」

なんて人もいるわけです。

それぞれの立場から
心情や考えを表現しているのですね。

この「表現する」という行為は
とっても大切な行為です。

商品の価値があっても、
お客様に伝わらなければ意味がない。

お客様にとっては
「ない」のと同じなのですから。

ちゃんと、パッケージで
表現することが大切です。

「そうは言っても、
家の商品はどこにでもある商品で
特に価値がないんだよー」

っていう方もいらっしゃいます。

そんな方にお伝えしたい
3ステップがあります!

<価値を届ける3ステップ>

①価値を伝えてないのなら、伝える
②価値が伝わってないのなら、表現を変える
③価値がないなら、創る

それでは順番に解説してみましょう!

①価値を伝えてないのなら、伝える

意外にね、こんな人多いんです。

「それって、価値なの?」
「俺らにとっちゃ当たり前だけど」

そんな風に思っていて
きちんと価値を伝えていない人って

産直市でバカ売れの
イチハラ農園のオクラがこちら!


イチハラ農園の「朝採りおくら」

「朝採り」という価値
産直市では当たり前なんです。

この価値があったのに
表現してなかったら売れなかった。

それがパッケージで表示することで
Yahoo!ニュースに乗るくらいバカ売れ!

「価値を伝えてないのなら、伝える」って
大切なことでね~(^^♪

②価値が伝わってないのなら、表現を変える

せっかくある価値も
伝わらなかったら
もったいないじゃないですか!

例えば、日置食品さんの豆腐。


こちら、ビフォーのパッケージ。

価値は書いてあるんです。

「国産大豆使用」

そう、日置食品さんは
国産大豆にこだわった豆腐を作ってます。

だから、パッケージリニューアル!


「国産大豆しか使わない」

いさぎいい、宣言口調の表現に変更!
「国産大豆使用」よりも
心に響く感じですよね!


もめん、きぬ、おぼろの3種類を
パッケージリニューアルしました!

すると!
日置食品さんの豆腐は売上1.5倍になりました!

「価値が伝わってないのなら、表現を変える」
ってことも、とっても大切です!

③価値がないなら、創る

「伝えてない価値もない」
「表現だっていろいろ試した」

って方は、究極、ここに至りましょう!

例えば、台風が直撃して
半分以上の梨が落ちたけど
なんとか残った梨に対して
こんなネーミングはいかが?


「台風にも負けず落ちなかった合格間違い梨」

とネーミング!

「梨は美味しい」という価値から
「ご利益あるよ」という価値へ変えちゃった!

その他、お守り付けたり、色々しながら
普通だったら一個900~1000円の新高梨。

約5倍の「5089(ごりやく)円」で売れました(^^♪

「価値がないなら、創る」
なんてこともできますね!

本日のお話は

<価値を届ける3ステップ>

①価値を伝えてないのなら、伝える
②価値が伝わってないのなら、表現を変える
③価値がないなら、創る

というお話でした!

あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。

<追伸>

実は明日の3月2日!
徳島でリアル開催される
こちらのセミナー
なのですが

・・・かなり空席があるそうです!

いやー、ボクの
人気のなさが露呈してしまった。

価値がまるで伝わってないぞー(笑)

よかったら、徳島の方にはなりますが
今からでも申し込んでくださいませ(^^♪

明日、お会いできることを
楽しみにしております!

https://tokushima-bussan.com/archives/10972/

この記事を書いた人

  • 松浦陽司のFBページ
  • 松浦陽司のTwitter
  • 松浦陽司のinstagram

パッケージマーケッター 松浦陽司

1974年、徳島県徳島市生まれ。著書「売れるパッケージ5つの法則と70の事例」で提唱したパッケージマーケティングの創始者。パッケージの企画やデザインだけではなく、商品開発の根幹であるブランディングも行って、多数の成果をあげている。その他、執筆活動、講演活動、社内ブランディングなども行う。ブランド・マネージャー認定協会1級&2級&スタンダードトレーナーの資格を持つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × four =

ページの上部へ